2010年05月

事務局所在地

〒790-0003
愛媛県松山市三番町4丁目5-3
愛媛県医師会内
TEL 089-943-7582  FAX 089-933-1465
e-mail: jahm-s@ehime.med.or.jp

設立趣意書

日本医療メディエーター協会 四国支部
設立趣意書

近年の患者の権利意識の向上とともに従来型の権威主義的医師モデルは衰退し、医療者と患者が対等な立場で協働して治療に取り組む姿勢が求められています。その一方で医療訴訟は増加の一途をたどり、現場の第一線で働く医療者は不安と混乱のなかで防御的姿勢にならざるを得ない環境に置かれています。そのことは患者にとっても不幸なことであり、真相を知りたい、悲しみから回復したいという思いが置き去りにされたまま法的手段でもってしか医療者と対話できない状況は惨たるものであります。 

そのような中、医療の苦情や事故後の初期対応の際に、メディエーションモデルを援用して患者側と医療者側の橋渡しをする役割である医療メディエーター(医療対話促進者)が注目を浴びるようになりました。医療メディエーターは中立的立場として医療者と患者さんの間に立ち、対話の促進と信頼関係の再構築を支援します。この医療メディエーターの普及、教育並びに実践の進歩発展に寄与することを目的として、日本メディエーター協会が、高久史麿自治医科大学学長を理事長として平成20年3月に設立されました。

四国地区においても医師会を中心にして医療メディエーターの養成が進んでいます。これを継続的に四国地区の医療現場に定着させることを大きな目標として、四国支部を設立します。

事業内容

  1. 院内医療メディエーターの教育・研鑽・意見交換
  2. 医療メディエーションに関する研究推進
  3. 一般市民・患者および家族への医療メディエーション普及・啓発活動
  4. その他、当支部の目的を達成するために必要な事業

平成21年6月28日

※設立当初は日本語名称が定まっていませんでしたが、平成21年9月に「医療対話仲介者」と定められました。

 

規則/会費賦課徴収施行細則

日本医療メディエーター協会四国支部 規則

                    平成21年6月28日 制  定
                    平成21年12月14日 一部改正

 (名称及び事務所)
第1条 本会は、日本医療メディエーター協会四国支部と称し、事務所を
 愛媛県松山市三番町4丁目5-3愛媛県医師会内に置く。

 (目  的)
第2条 本会は、四国地区における院内医療メディエーターの普及、教育
 並びに実践の進歩発展に寄与することを目的とする。

 (事  業)
第3条 本会は、前条の目的達成のため、次の事業を行う。
 (1) 院内医療メディエーターの教育・研鑽・意見交換
 (2) 医療メディエーションに関する研究推進
 (3) 一般市民・患者および家族への医療メディエーション普及・啓発活動
 (4) その他、当支部の目的を達成するために必要な事業

 (構  成)
第4条 本会の会員は次のとおりとする。
 (1) 正会員:四国内の医療機関に勤務する医療従事者で、日本医療メディ
   エーター協会(JAHM)の会員である個人
 (2) 準会員:四国内の医療機関に勤務する医療従事者で、基礎編以上の講
   習を修了した個人
 (3) 機関会員:本会の趣旨に賛同する四国内医療機関等の代表者
 (4) 賛助会員:本会の趣旨に賛同し、本会を後援する個人、団体等

(入  会)
第5条 会員になろうとする者は、会費を添えて入会申込書を提出し、世
 話人会の承認を受けなければならない。

 (退  会)
第6条 会員で退会しようとする者は、退会届を提出し、世話人会の承認
 を受けなければならない。

 (世話人)
第7条 本会には次の世話人を置き、代表世話人は互選により選出する。
 世話人  若干名(うち代表世話人1名、監事1名)

 (顧  問)
第8条 本会には顧問を若干名おくことができる。
 2 顧問は世話人会の決議を経て代表世話人がこれを委嘱する。

 (会  計)
第9条 本会の経費は会費及び寄付金その他の収入をもって充てる。
 2 本会の会費は別途細則により徴収する。
 3 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

 (規則の変更)
第10条 本会の規則の変更は世話人会の議決によらなければならない。

附 則

本規則は平成21年12月14日より実施する。

日本医療メディエーター協会四国支部
会費賦課徴収施行細則

                    平成21年6月28日 制  定
                    平成21年12月14日 一部改正

1.日本医療メディエーター協会四国支部規則第9条の2によりこれを定める。

2.会費は世話人会において定める賦課額により徴収する。

3.会費の賦課額は正会員、準会員、機関会員、賛助会員それぞれについてこれを定める。

4.会員に特別の事由のある場合は世話人会の議を経て会費の減免を行うことができる。

5.既納の会費については返還しないものとする。

6.この細則の変更は世話人会の議を経なければならない。

附 則
 この細則は平成21年12月14日から適用するものとする。

 

役員名簿

    日本医療メディエーター協会四国支部 役員名簿
                    

顧   問 久野 梧郎(愛媛県医師会顧問)
  〃   今川俊一郎
代表世話人 渡邊 良平(愛媛県医師会常任理事)
世 話 人 青江  基(香川県立中央病院 呼吸器外科部長)
  〃   安藤キクエ(医療法人同心会 西条中央病院 看護部長)
  〃   大串 文隆(独立行政法人国立病院機構 高知病院 院長)
  〃   曽我部恵子(済生会今治病院 看護部長)
  〃   出来 義高(愛媛県医師会事務局 課長)
  〃   徳永 盛保(医療法人聖光会 鷹の子病院 事務長)
  〃   富田 祐三(富田外科・胃腸科 院長)
  〃   友澤 永子(松山赤十字病院 看護副部長)
  〃   林  周児(関西労災病院 看護副部長)
  〃   松本 陽子(NPO法人愛媛がんサポート おれんじの会 理事長)
  〃   宮内 文久(愛媛労災病院 院長)
  〃   村上  博(愛媛県医師会長)
  〃   森山 昭子(愛媛県立中央病院 チーフリスクマネジャー)
  〃   横田 英介(松山赤十字病院 院長)

                         (50音順)

 

【報告】道後温泉病院で研修を行いました

寒暖を繰り返していましたが、ようやく爽やかな過ごし易い気候となってきました。
去る5月13日(木)、推進チーム「みかん」は道後温泉病院にお伺いしました。前回の県医師会での基礎編研修を受けられたご担当の方からお声掛けを頂き、第9回目にして松山市内では初めての「みかん」研修となりました。(プログラムの都合で今回は3人での訪問でした)
機能訓練室を使っての研修でしたが、スタッフの皆さんが準備して下さった会場には、手作りの温かさを感じました。ありがとうございました。
研修会には、理事長先生 院長先生を始め、約90名の職員の方々が参加し、とても熱心に聴いて下さいました。参加された師長さん方からは次回の基礎編研修参加のご希望もお有りになるとのことで、とても嬉しく思います。少しずつですが「メディエーターマインド」の拡がりを感じます。(徳永 記)