健康ナビ 健康ファイル 医療機関一覧 補聴器相談医一覧 会員ホームページ一覧 HOME
健康ファイルインデックスページへ戻る
舌下免疫療法  〜スギ花粉症の根治へ。自宅で投薬、負担少なく〜

   スギ花粉症について皆さんは「またその話か」と思われるかもしれませんが、2014年10月から保険治療が可能になったスギ花粉症に対する舌下免疫治療に関してお話します。

   花粉症治療は、症状に応じて内服薬と点鼻薬を組み合わせ、改善しない場合は鼻粘膜レーザー焼灼術、後鼻神経切断術(鼻汁を出す神経を切断)などの手術治療があります。 これらは花粉症で出現する症状を治す治療であり、花粉症の根本的な治療ではありません。根治治療として以前より注射による免疫治療があり、スギのエキスを低濃度から高濃度へ少しずつ上げ皮下注射し、約1−1.5年で維持量(免疫力がついたと思われる量)に到達させてスギに対する免疫をつけていきます。アレルギー性鼻炎を治したいと思う方には非常によい治療法なのですが、この免疫治療の欠点は、先程申し上げたように、維持量に到達するまで約1−1.5年間、毎週皮下注射を受けに病院に行かねばならないという欠点がありました。維持量に到達すると、ある程度の免疫が形成されるので1ヶ月に1回程度の通院ですむようになります。この長い通院期間を改善すべく5日程度で維持慮法に到達する急速減感作療法がありますが、1週間程度入院しなければならないという欠点があり、休みがとりにくい現代日本社会において普及するまでいたっていません。

   そこで、2014年10月からスギ花粉症に対する舌下免疫治療が治療可能になりましので簡単に流れを説明していきます。

   鼻内を観察、採血や鼻汁好酸球テストなどでスギ花粉があることを確認できれば、医師からスギ花粉症に対する舌下免疫治療に関して説明を受けます。患者さんは自宅で舌下にスギエキスを毎日落とし、徐々に濃度を上げていきます。3週間で維持量に到達するので、以降は2週に1回、薬液を病院で処方してもらい、自宅での舌下投与を毎日続けていきます。約2年程度毎日投与しなければなりませんが、この治療の最大のメリットは自宅で可能な治療であること。毎週注射をしなくて良く,患者さん自身の負担が少ないことです。

   治療にするにあたり、ご本人にスギ花粉症がなければなりません。ダニやイネ科などの重複感作があっても治療は可能です。12歳以上65歳以下なら治療可能ですが、重度喘息や高血圧の一部の内服薬を内服している方は治療ができません。

   現在、スギ花粉以外で舌下免疫療法はできません。また、スギ飛散時は感作しやすい状態になっており、免疫治療を始めると副作用が出やすい状態になっているためできません。お困りの方は早めに耳鼻咽喉科を受診して御相談ください。

(城北耳鼻咽喉科  堀  泰高)

インデックスページへ戻る
Copyright© 2006, 愛媛県耳鼻咽喉科医会. All rights reserved.