7月18日〜22日の疾患情報です

今治市・旧東予市・小松町・丹原町

担当は今治市まつい小児科院長の松井光先生です。

手足口病がかなり流行っています。初日は熱だけで2日目に発疹、というケースが多い気がします。アデノウイルス感染症も多いようです。典型的なプール熱のこどもさんもけっこういます。溶連菌感染症、ヘルパンギーナ、おたふく風邪、感染性性胃腸炎などがぱらぱら見つかっています。マイコプラスマ肺炎もいるそうです。ヒトメタニューモウイルス感染症がまだ報告されているのはちょっと驚きです。

四国中央市・新居浜市・旧西条市

担当は新居浜市 こにしクリニックの加藤文徳先生です。

手足口病が続いています。乳幼児だけでなく学童にも増えています。 RSウイルス感染症、アデノウイルス感染症が、少ないですがでています。 長く続いた流行性耳下腺炎は下火になりました。

松山市・東温市・松前町・伊予市・砥部町・久万高原町

担当は松山市まつうら小児科院長の松浦秀二先生です。

感染性胃腸炎と手足口病が多発しており、溶連菌感染症やアデノウイルス感染症も引き続き見られます。 秋から冬場に多いRSウイルス感染症が少し増加してきました。

大洲市・八幡浜市・西予市・内子町・伊方町

担当は大洲市ごとう小児科院長の後藤悟志先生です。

* 手足口病は相変わらず多いです。 * 他夏風邪の熱の子が小学生でもいます。 * 溶連菌感染症や胃腸炎は少ないながらも出ています。ロタとノロを合併した子もいました。 * とびひも増えています。

北宇和郡・宇和島市・南宇和郡

担当は宇和島市桑折小児科院長の桑折紀昭先生です。

******