5月2日〜5月7日の疾患情報です

今治市・旧東予市・小松町・丹原町

担当は今治市まつい小児科院長の松井光先生です。

水痘、感染性胃腸炎、溶連菌感染症、アデノウイルス感染症がぱらぱら見つかりますが、小児科外来は穏やかです。 インフルエンザは消えたと思いましたがまだわずかに残っているそうです。

四国中央市・新居浜市・旧西条市

担当は新居浜市 しおだこどもクリニックの塩田康夫先生です。

嘔吐下痢症が少し出ていますが、連休だったせいか 報告も多くありません。

松山市・旧北条市・東温市・伊予市・伊予郡・上浮穴郡

担当は松山市まつうら小児科院長の松浦秀二先生です。

インフルエンザは散発的に見られる程度で、ごく少数です。感染性胃腸炎やアデノウイルス感染症がやや目立ちます。

大洲市・八幡浜市・喜多郡・西予市・西宇和郡

担当は大洲市ごとう小児科院長の後藤悟志先生です。

インフルエンザも終わり暇になってますが、アデノウイルスによる熱の子が多いです。 また水ぼうそうがワクチンをしているにもかかわらず発症している子がいます。

北宇和郡・宇和島市・南宇和郡

担当は宇和島市桑折小児科院長の桑折紀昭先生です。

インフルエンザは6例の報告でほぼ終息と言えます。 その他も特に流行していません。