1月30日〜2月4日の疾患情報です

今治市・旧東予市・小松町・丹原町

担当は今治市まつい小児科院長の松井光先生です。

インフルエンザは旧東予市ではまだ流行の勢いが続いているそうですが、今治市ではややおとろえ始めたようです。 まだほとんどがA型のようです。嘔吐下痢症(感染性胃腸炎)は少数です。おたふく風邪、アデノウイルス感染症、溶連菌感染症、マイコプラズマ感染症もわずかですがいます。

四国中央市・新居浜市・旧西条市

担当は新居浜市 こにしクリニックの加藤文徳先生です。

インフルエンザが依然猛威をふるっています。 流行性耳下腺炎もでています。 感染性胃腸炎は下火です。

松山市・東温市・松前町・伊予市・砥部町・久万高原町

担当は松山市まつうら小児科院長の松浦秀二先生です。

インフルエンザが流行しています。ほとんどはA型ですが、一部にB型も出ています。 感染性胃腸炎も引き続き見られますが、多くはありません。

大洲市・八幡浜市・西予市・内子町・伊方町

担当は大洲市ごとう小児科院長の後藤悟志先生です。

感染性胃腸炎がまだ多いです。 インフルエンザも増えてきて検査する機会も多く、バタバタしてます。 鼻風邪も寒いと増えますね。

北宇和郡・宇和島市・南宇和郡

担当は宇和島市桑折小児科院長の桑折紀昭先生です。

先週と同じ傾向ですが、 インフルエンザは横ばい〜やや減でした。